Off

動画制作は意外性と期待性が大切!その内容と理由について

by admin on 2015年6月18日

動画制作で大切な意外性とは

意外性と言う物は、人が思っている内容と違う変化のある内容です。この姿を多く見られる内容の一つにマジックが挙げられますよ。マジシャンが行うマジックの内容の多くは、常識だと思われている内容に対して、常識では無い内容を見せる事によって、人々に興奮を与えている物ですよね。これは、動画制作でも言える事であり、魅力的な内容と言うのは、常識ではとらわれない変化のある刺激を与える事です。この刺激と言うのは、脳に対して、新しく情報収集を行うべき大切な情報として、神経を尖らさせる働きを作り出す事が可能であり、人々の注目を受ける事が可能です。

動画制作で大切な期待性とは

意外性の反対の言葉として期待性と言う言葉があります。期待性とは、思っている内容通りに行っている内容です。期待性の内容と言うのは、理解し易く、分かり易く伝える事が可能ですよ。動画制作でも言える内容であり、分かり易く伝えるためには、万人が共通して得ている価値観と、情報を元に行う事が大切になります。マジシャンが良く使うテクニックの一つに、初めに常識的な内容を見せた後に、意外性のある内容を見せる方法がありますよね。

意外性と期待性のバランスのある使い方

意外性と言うのは、人の神経を興奮させ情報収集を行わさせる働きが期待できます。動画制作の初めに意外性のある内容を作り出せば、全体を通して集中して見てもらえる可能性があります。ただし、リラックスして見てもらいたい場合は、期待性のある内容を頭に持ってくる事が重要ですよ。どちらを先に、持ってくるかは、制作する内容によって使い分けする事が大切ですが、共通して言える事は、交互に入れ替えて使い分ける事です。意外性の興奮ばかりでは、疲れる内容になってしまう可能性があり、期待性ばかりでは刺激の無い動画制作になってしましますので、バランスを取りながら制作する事が大切になります。

動画制作を行う際、多くの人に見てもらえることを考慮することが大切です。同じテーマでも音楽や場面展開などの演出で印象が大きく変わるので、事前に制作に関する勉強を行うように心がけます。

Comments are closed.