Off

研修内容の高める秘訣とは!?どの業種も共通して言える内容

by admin on 2015年6月18日

頭で理解をするのでは無く体で覚える

研修の多くは、講師が教壇に立って、ホワイトボードなどを使って説明する事がよくありますよね。知識として頭に入れる事は大切ですが、体で覚える方が効果的です。頭で理解する内容と言う物は、一度、頭で講義内容を思い出さなければなりませんが、体で覚えている内容と言う物は、無意識に体が反応する物です。特に、マナーなど体の動作を必要とする内容は、口頭や書面で説明するよりは、実際に実体験として体の動作によって行う事が大切と言えますよ。

研修は最低三日は続けて行う事が大切

研修と言う物は、覚えてもらう事がとても大切ですよね。一般的に、人の記憶と言う物は睡眠の間に行われていると言われています。記憶と言う物は、想起されて行く事によって、大切な情報として強く記憶を強めて行きます。つまり、一日で終わってしまう研修と言う物は、重要では無い情報として忘れてしまう可能性が高く、一週間もたてばいつ研修を行ったかも忘れられてしまう可能性もあります。同じ内容を三日続けて行う事は無駄ではありますが、復習と言う意味で少しでも、想起させて行く事が研修には大切な事と言えますね。

研修は定期的に行う事、最低年に二回

研修を一年に一回のみ行う企業が多くありますよね。一年に一回と言う物は、形だけの内容で終わってしまう事もあれば、季節を現すイベントとして終わってしまう可能性もあります。研修その物が意義があり、質を高める内容だと言う事を認識させるためにも、最低、一年に二回は行う事が大切と言えますよ。本来、研修とは、企業内で最低限の業務を遂行するために行う事が一般的ですが、業種に関わりが無い内容だと思われる事も、行ってみれば企業の糧になる物もあります。現在の若者はコミュニケーション能力が苦手な人が多くいるため、コミュニケーション能力を高める研修もお勧めの一つですよ。

現在情報化社会により、社員研修のIT化が進んできています。したがってPCスキルが必要不可欠であるといえます。

Comments are closed.