Off

便利になったIT技術としてのクラウドサービス

by admin on 2015年6月18日

クラウドサービスの歴史

クラウドサービスをIT技術の進歩として捉えた場合、どこが便利になったのでしょうか。まず、最初はメインフレームのシステムがありました。この場合、ユーザー側でシステム作業をしなければならないということはありませんでしたが、コマンドを打ち込まなければならない等、ユーザー側にとっては直感的に使いにくいものでした。次に、Graphical User Interfaceのクライアント・サーバー型システムが出てきて、ユーザーにとっては非常に使いやすいシステムが登場しました。

クラウドサービスのメリット

しかし、クライアント・サーバー型システムの場合、ユーザー側が自分のPCの中にソフトウェアを導入しなければならなかったという面倒な側面があります。これが、クラウドサービスでは、ユーザーはただWebサイトにアクセスするだけで、使い勝手の良いシステムを使うことができるようになったのです。これによって、ユーザーは自分が所有するPCに固執する必要性がなくなり、インターネットにアクセスできるPCなら何処からでもシステムを利用することができるようになったのです。

産業構造を変えたクラウドサービス

これを、IT産業の側面から見てみましょう。まず、メインフレーム時代には大企業に大規模なシステムを売っていました。次に、クライアント・サーバー時代には、企業や個人にシステムやPCを売るという構図に変わりました。そして、クラウドサービスの時代には、データセンターにシステムを売って、各企業や個人はこのデータセンターのクラウドサービスを利用するという形態に変わってきているのです。そして、このような産業構造の変化によって、旧態依然たるIT業者は淘汰される時代へと向かっているのです。

クラウドサービスは近年、人気のITサービスの一つです。これを使う事で、仕事の幅が飛躍的に高まります。

Comments are closed.